JALの16年定時到着率、アジア太平洋1位 5年連続

日本航空(JAL/JL、9201)は1月6日、リアルタイムに運航情報や路線などを調べられるサ – Yahoo!ニュース(Aviation Wire)

日本航空(JAL/JL、9201)は1月6日、リアルタイムに運航情報や路線などを調べられるサイトを運営する米フライトスタッツ(FlightStats)社から、2016年の年間定時到着率がアジア太平洋地域部門で首位を獲得したと発表した。JALが所属する航空連合、ワンワールド・アライアンスもアライアンス部門で1位を獲得した。

 フライトスタッツでは、定時到着率の定義を、定刻に対して遅延15分未満で到着した便が全体に占める割合としている。2016年からは各部門を、運航会社単体の実績を対象とする「メインライン部門」と、グループ会社の運航便を含めた実績を対象とする「ネットワーク部門」に分類した。

 JALの場合、メインライン部門はJAL単体、ネットワーク部門はJALのほか、共同引受を実施し、JAL便名で運航するジェイエア(JAR/XM)と北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)の合計実績が対象となる。

 JALの2016年の定時到着率は、メインラインが87.33%、ネットワークが87.80%。米国を除いたアジア太平洋地域の航空会社を対象とした「Asia-Pacific Major Airlines(アジア・パシフィック主要航空会社部門)」で、両カテゴリーとも首位を獲得した。航空連合を対象とした「Airlines Alliances(アライアンス部門)」はワンワールドが81.19%で1位を獲得した。

 2015年に首位を獲得した、全世界の航空会社を対象とした「Major International Airlines(主要国際航空会社部門)」は、2016年はメインラインで2位、ネットワークで3位となった。

 JALはアジア太平洋地域部門で、2010年に初めて1位を獲得。2012年以降は5年連続で獲得している。地域航空会社を含めた評価だった2009年は、グループ会社で2014年にJALと統合したジャルエクスプレス(JEX/JC)が93.32%で首位となり、計7回目の1位となった。

 アライアンス部門は、部門が設けられた2012年(79.55%)、2014年(79.97%)、2015年(80.97%)に続き、4度目の首位となった。主要国際航空会社部門では2009年(90.95%)と2010年(89.90%)、2012年(90.35%)、2013年(88.94%)、2015年(89.44%)に1位となっている。

 主要国際航空会社部門のメインライン1位はイベリア航空(IBE/IB)の87.79%。ネットワーク1位はKLMオランダ航空(KLM/KL)で88.53%、2位はイベリア航空で88.18%だった。

 日本勢では全日本空輸(ANA/NH)が、主要国際航空会社部門のメインラインが85.28%で8位、ネットワークが85.54%で6位だった。

 フライトスタッツは2001年設立。世界中の航空会社の運航情報、路線や空港ごとのデータを集計し公表している。本社は米オレゴン州ポートランド。表彰制度は2009年から開始し、今回が8回目となる。

情報源: JALの16年定時到着率、アジア太平洋1位 5年連続 (Aviation Wire) – Yahoo!ニュース




よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役某外資系航空会社勤務中。
大学卒業後、旅行会社勤務を経て航空業界へ。

このコロナで航空業界も大ピンチ。
初めて有料テーマSWELLを購入し感動!いくつかサイト運営しておりますが、現在このサイトをSWELLへ変更して、作り直しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる