中南米大手アビアンカ航空が新型コロナの旅客減で破綻

大手航空会社の破綻がニュースになりました。

世界で2番目に古い航空会社であり、コロンビアのフラッグキャリアで中南米大手のアビアンカ航空(スターアライアンス加盟)を傘下に持つアビアンカホールディングスは2020年5月10日に米連邦破産法11条(日本の民事再生法)の適用を申請したと発表しました。業務は続けながら再建を目指していきます。

新型コロナウィルスの影響で収入が8割以上減少し、今回の措置に至った模様です。
コロンビア政府にも支援を求めたようですが、合意に至らなかったようです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役某外資系航空会社勤務中。
大学卒業後、旅行会社勤務を経て航空業界へ。

このコロナで航空業界も大ピンチ。
初めて有料テーマSWELLを購入し感動!いくつかサイト運営しておりますが、現在このサイトをSWELLへ変更して、作り直しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる