ベトナム航空CA、ANA便に乗務開始

ANAホールディングス(9202)と資本・業務提携の契約を締結したベトナム航空(HVN/VN – Yahoo!ニュース(Aviation Wire)

ANAホールディングス(9202)と資本・業務提携の契約を締結したベトナム航空(HVN/VN)は10月30日から、同社客室乗務員の全日本空輸(ANA/NH)便への乗務を開始した。ANA機内では、ベトナム語での案内や機内アナウンス、通訳などを担当する。

1便につき、客室乗務員1人が乗務する。利用客のベトナム語を英語に翻訳し、ANAの客室乗務員に伝える。乗務する客室乗務員は、日本語は理解しない。

初日の30日は、午前7時30分ホーチミン発のNH834便成田行きで乗務を開始する。また、午後7時5分成田発のNH833便ホーチミン行きにも乗務する。

ANAのベトナム便ではこれまで、ベトナム語の定型アナウンスを自動音声で放送していた。

ANAの客室乗務員は、ベトナム航空便には乗務しない。

ANAのベトナム便は、1日1往復ずつ運航する羽田-ハノイ線と、成田-ホーチミン線の2路線。このうちホーチミン線は10月30日から1日2往復に増便する。

両社は30日から、ANAのベトナム行き2路線と、ベトナム航空の日本行き10路線を対象にコードシェア(共同運航)を開始。このほか両国の国内線でも実施し、それぞれの便名を付与する。ベトナム航空がこれまで展開していた日本航空(JAL/JL、9201)とのコードシェアは、10月29日で解消した。

情報源: ベトナム航空CA、ANA便に乗務開始(Aviation Wire) – Yahoo!ニュース

運営者よりひとこと
ANAにベトナム人利用が増えたんですかねぇ
それともベトナム航空のCA教育の一環でしょうか!?

ベトナム語を習得するのはかなり難しいですからね。
ANA便に搭乗するベトナム人にとっては良い事ですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役某外資系航空会社勤務中。
大学卒業後、旅行会社勤務を経て航空業界へ。

このコロナで航空業界も大ピンチ。
初めて有料テーマSWELLを購入し感動!いくつかサイト運営しておりますが、現在このサイトをSWELLへ変更して、作り直しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる