覚えておきたい航空業界用語(インボラ編)

インボラアップグレード(Involuntary Upgrade)

 

インボラアップグレード(略して「インボラ」)とは、オーバーブッキングなどの航空会社側の都合によって、座席がエコノミーからビジネスクラスなどのより上位クラスへ変更されることを言います。

 

通常、航空会社はエコノミークラスはキャンセルを見越して、オーバーコントロールをします。(例えば、200席のエコノミーに対して、230席のOKを出すということ)

ビジネスクラスに関しては、オーバーコントロールは絶対にしません(ファーストクラス設定がない場合)。万が一そのまま座席がオーバーしてしまった場合、オーバーを解消するためにお客様をエコノミークラスへクラスダウンしなければなりませんので、それはしません。

 

通常は、そういったオーバーは解消することを見越しているのですが、エコノミークラスがオーバーし、ビジネスクラスに余裕がある場合は、エコノミークラスのチケットを持った方がオーバーした分ビジネスクラスになります。

これをインボラアップグレードと言います。

 

どの乗客をアップグレードするかは、多くの場合航空会社の現場による判断に委ねられますが、基本は

・自社や同じアライアンスのマイレージサービス上級会員

・普通運賃もしくは上位運賃のクラス

の方が優先されます。

条件がそろわないとなかなかインボラアップグレードはありませんが、こういった恩恵を受けるためには、日頃から同じアライアンスに乗り、マイレージの上級会員になることが最低条件ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)