デルタ航空 5月24日を最後に、成田⇔台北線運休へ

デルタ航空は、デイリーで運航している成田⇔台北線を5月24日の台北発便を最後に運休する事を決定しました。
昨年10月の羽田⇔米国線昼間便の開設による乗継需要の減少が主な理由です。
この運休により台湾市場からデルタ航空は撤退する事になります。

なお予約・発券分については、払い戻しの他、同じスカイチームであるチャイナエアラインや大韓航空への振り替えを 案内しております。この路線については。台湾発や米国発の利用者が多く、日本市場への影響は小さいようです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)