キャビンアテンダントになるには

キャビンアテンダント(CA)は憧れの職業の一つですよね!

そのかわりかなりの狭き門ですので、そう簡単になれるものではありません。

 

とにかく

いくつか条件をクリアする必要があります。

何と言っても身長規定です。こればっかりは大人になって伸ばそうとしてもどうしようもありませんが・・・。

日系航空会社では、身長に対しては記載はありませんが、外資系航空会社ではきっちり記載しているところがほとんどです。

 

大抵160CM以上と書いてあるところが多いですね。日系も記載はないですが、基準はこのくらいと考えてよいかと思います。

何故身長規定があるかというと、上の荷物の棚に届くか届かないかです。

お客様の荷物の補助をしたり、きちんとしまっているか確認するにはどうしても必要ですからね!

 

そして英語の能力は必ず問われます。

TOEICは必須と考えてもらって構いません。外資系は必須です!

外資系はさらにその国の言葉を話せるとなお可のようですが、そこまで必ずではなさそうです。

まずは英語はある程度堪能である事が条件です。

 

ですので、CAになりたい方は、とにかく語学に力を入れるべきだと思います。

当然日系キャリアでも同様に必須と思ってよいと思います。

 

ルートとしては、航空会社専門学校もしくは大学からになるかと思いますが、

グランドスタッフ同様に専門知識を学ぶのであれば、専門学校は良いかもしれません。

 

それからCAは何度も言うように狭き門であり、そう簡単になれる職業ではありません。

 

私の知っている人で、CAになりたかったが、学生時の就職活動では叶わず、まずはグランドスタッフになって働きながら

翌年もCAに挑戦したそうです。

そして2年目に晴れて合格し、今はANAのCAさんになってます。

こういった形で、夢をかなえた方もいらっしゃいます。

ですので、あきらめずに何度も挑戦することが大事です!

 

そして最近は国内、外資系含め、LCCがどんどん増えており、CAさんの窓口は広がっています。

チャンスはたくさんありますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)