旅行を格安で行くには!!内緒の事情5選

スーツケースを持って歩く人





せっかく旅行に行くのなら少しでも安くお得に行きたいですよね!
ここでは少しでもお得に旅行できる内緒の情報を教えちゃいます!

➀オフシーズンを狙え!

こんなの当たり前でしょって思っているかもしれませんが、安く行くには、オフシーズンを狙う事は基本的なことです。
行く場所によって、当然オフシーズンは異なります。

例えば・・・

・ヨーロッパ方面
⇒冬季期間である11月後半~2月くらいまではオフシーズン。

・東南アジア方面
⇒一応雨季シーズンである4月~9月はオフシーズン

・オセアニア方面
⇒冬季期間である4月~9月はオフシーズン

・韓国
⇒12月~2月までは冬のためオフシーズン

それから日本のオフシーズンは、4月の連休前まで、ゴールデンウィーク明け、夏休み明けの9月上旬、3連休明け、年末前などもオフシーズンと言えます。

➁3月・9月は狙い目かも!?

3月・9月は旅行会社の決算月のところが多いですが、ここにはかなりの大人の事情があります・・・。
航空会社・JRなどと大手旅行社の間では、送客に対する契約がある場合が多いです。
具体例は以下の通りです

上期(4月~9月)、下期(10月~3月)期間に分けて
・送客数の目標に対し、達成したら人数×達成金のお支払い
・販売売り上げの目標に対し、達成したら販売金額×契約%のお支払い

があります。具体的には・・・

例1)
4月~9月期間に〇〇航空と〇〇旅行社は送客数の契約を10,000名、達成したら一人当たり3,000円の達成金を支払うという契約をしたとします。
達成したら10,000名×3,000円=30,000,000円の達成金ですね。

当然その旅行会社は、〇〇航空を中心に販売していきます。
普通に達成できればいいですが、もし9月に入ってどうやっても今の予約数で行くと500名足りないという試算が出たらどうしますか?

仕方ないってあきらめますか?

旅行会社はあきらめません。

何としても達成させるために、赤字を出してでも残りの500名を追加で販売するようにします。

そうですよね?

500名足りず9,500名で終わって達成金が0円で終わるのか、例えば1000万円使って残り500名を販売し達成して3000万もらっっても計算上は2000万円プラスになるんですから、当然狙いますよね。

極端な話をすると、平均2万円の航空券代だったとして、2万円を500名タダで販売しても、旅行社のマイナスは1000万円、それで達成すれば手元に2000万円残ります。

ですから何としてでも達成させます。

例2)
10月~3月期間に〇〇航空と〇〇旅行社は販売売り上げ目標を500,000,000円とし、達成したら売上高の10%を達成金として支払う契約をしたとします。達成したら5億円×10%=50,000,000円ですね!

これも上記例1と同様に、達成するために旅行会社は販売傾斜をして、足りなければ達成させるために販促をして何としてでも達成させるようにします。
こういった契約は、大手の旅行会社か、その航空会社の販売に特化した旅行会社でしか行われることはありません。

2月や8月頃に出される3月、9月の商品をサイトやパンフレットで探しておくと、思わぬ激安商品に出会えるかもしれません!

ただ、航空会社の経費削減、お客様への航空券販売の直接化が進んできており、こういった販売に対する達成金のようなシステムは減る傾向にあります。
さらにLCCでは当然こういった経費も削るため、基本ありません。

➂パンフレットの最安値設定日の特徴を知ろう!

旅行のパンフレットを見てみてください。

通常のパンフレットは例えばA~Mくらいまでカレンダーにより旅行代金があるかと思います。
パンフレットによっては、いちばん最安値がS価格帯の場合もあります。

その最安値の価格帯の設定日が多い場合は、普通に一番最安値の設定日と思っていただいて良いですが、その最安値の日が非常に少ない場合、月に数日ずつピックアップされて設定されている場合は、かなりお得な日と思っていただいて良いと思います。

さらにその最安値の日の金額が、次の旅行代金とかなり差がある場合は、間違いなくお得な日です!

なぜそういう日を作るかというと、そういった格安日を作ることによってパンフレットの表記が〇〇円~と設定できます。
例えば、B価格帯が非常に多く、その日は24,800円でもA価格帯が19,800円で3本設定されていれば、パンフレットの表紙には、19,800円~と表示できるので安く見せることが可能です。

よく見せ値というのですが、こういった設定日は作った旅行会社も赤字で設定している場合が多いです。

そういった設定日は通常お客様も動きにくい日に設定されていることが多く、その日に予約が入ってもほかの設定日に予約が入ればトータルで赤字にならないという考え方が働きますので、旅行会社がよくやる手法です。

安い日は、働いている人には行きづらい日が多いですが、うまく休みを取ったりして、上手に利用しましょう!




⓸いつまでも募集しているチャーター便は集まってないので突然セールが始まる可能性あり!

年末年始やゴールデンウィークに『チャーター機で行く!』『臨時便で行く!』などのツアーを見たことはありますよね!?

こういったツアーは、ハワイやバリ島など人気の都市に旅行会社が航空機を貸し切って販売する場合が多いです。
定期便が簡単に取れない日に通常は設定しますので、即完売することが多いですが、なぜか売れない日が出てきます。

東京・大阪などの大都市ではそういった事はあまりないですが、地方都市の空港からのチャーターの場合はたまにあるんです。

通常チャーターや臨時便の募集は、旅行社としては多少のキャンセルを見込んで、多めに予約を受け付け、それを越せばキャンセル待ちにします。

それが発売日からいつまでたっても募集している場合は集まってない事が多く、旅行会社にとって最悪のことは、集まらないから別パンフレットを作り格安で募集を開始する事です。当然最初のパンフレットで申し込んだお客様がいるので、別のホテル利用や食事回数を減らしたりして安くは設定しますが、場合によっては10万近くも安くなる時もあります。

ですので、いつまでも募集しているチャーター便、臨時便は出発の2カ月前とかでいきなり安いパンフレットが出る可能性があります。

行きたいけどちょっと高すぎるなというツアーがあった場合、集まってなさそうだったら狙い目かもですね!

⓹短期間しか掲載されていないパンフレットは意外と安い!

通常のパンフレットは、4月~9月や10月など半年間くらいのスパンで造成されていますが、2カ月間や3か月間の短期間パンフレットが造られる場合がよくあります。そういったパンフレットは、当然最初につくられた通常パンフレットと価格も比較しますので、同じ内容でも安くなっている場合が多いです。

なぜそういった追加パンフレットが作られるのか!?

・航空会社からの要請
⇒需要が弱いので、航空運賃を改定するので商品を作ってほしいと依頼され、その依頼にこたえて造成

・旅行会社の対策
⇒その航空会社の数が足りない、その方面の送客数が少ない等、旅行会社の事情による場合

それ以外にもいろいろな事情がありますが、追加でつくられたパンフレットは最初に出されたパンフレットよりは安く設定されていますので、賢く利用してお得に旅行に行きましょう!

最後に・・・

いかがでしたか?
色々と情報を収集して、お得に旅行を楽しんじゃってください!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)