旅客数の不一致、12年以降236件 立ち乗りは5件、国交省調査

国土交通省航空局(JCAB)は10月25日、搭乗手続き済みの旅客と実際に搭乗した旅客数の – Yahoo!ニュース(Aviation Wire)

国土交通省航空局(JCAB)は10月25日、搭乗手続き済みの旅客と実際に搭乗した旅客数の不一致が、2012年度以降236件発生していたと発表した。9月に福岡空港で発生した、全日本空輸(ANA/NH)の定員超過に関連し調査したもので、国交省は航空各社に対し、同日付で旅客数照合の厳格な運用を指示した。

国交省がANAや日本航空(JAL/JL、9201)をはじめとする、国内の航空会社22社を対象に調査したところ、今年9月までに旅客数の不一致が計236件発生していた。

このうち、定員を超過し「立ち乗り」状態となったケースは5件発生。ANAが4件、JALが1件で、いずれも自走前に気づき、駐機場に戻っている。

これを受けて国交省は航空各社に対し、搭乗手続き済みの旅客数と搭乗者数の照合方法の見直しを、10月25日付で指示した。

また、機内での着席確認がドアクローズ前や駐機場からの移動開始前、自走開始前など、各社に違いがあったため、航空会社への通達を一部改正して統一する。改正案では、機体が駐機場から移動を開始する前までに着席し、シートベルトの着用を徹底する。

通達の一部改正に向け、パブリックコメント(意見公募)を実施。11月下旬に改正し、12月中旬からの適用を目指す。

福岡空港で搭乗手続きが済んでいない旅客が搭乗し、一時「立ち乗り」になったトラブルは、9月30日に発生した。満席だったANAの羽田行きNH256便(ボーイング777-200型機、登録番号JA742A)に、搭乗手続きが済んでいない旅客1人が搭乗。一時的に立ち乗り状態となった。同便は駐機場へ引き返し、約50分遅れで再出発した。

国交省は10月11日、ANAを厳重注意とし、25日までに原因究明と再発防止策の文書での提出を求めた。ANAは25日に再発防止策を提出した(関連記事)。

情報源: 旅客数の不一致、12年以降236件 立ち乗りは5件、国交省調査(Aviation Wire) – Yahoo!ニュース

運営者よりひとこと

こういう事って結構あったんですね。それに驚きです。
国際線ではありえないですよねぇ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)