全国27空港の収支試算、航空事業で黒字は5空港に減少、トップ3空港で明暗も -国交省

国土交通省は国が管理する全国27空港について、2015年度収支の試算結果を公表した。滑 – Yahoo!ニュース(トラベルボイス)

国土交通省は国が管理する全国27空港について、2015年度収支の試算結果を公表した。

滑走路などの基本施設事業(航空系事業)の営業収益は2014年度の約1048.25億円から約1071.61億円に増加。訪日外国人旅行者の急増による航空需要の拡大や、国際線着陸回数の増加、LCCの新規就航や増便などにより着陸料などの収入が増加。経常利益も前年度の約226.02億円から約289.75億円に増加した。

旅客・貨物ターミナルビル事業等(非航空系事業)の営業利益は前年度の約321.67億円から約382.42億円増加。経常利益でも、前年度の約278.27億円から約339.94億円に増加し、営業利益、経常利益ともすべての空港で黒字となった。国際線乗降客数の増加やインバウンド消費の拡大などが、非航空系事業でも利益押し上げの好要因となっている。
.



引き続き羽田空港が好調、非航空系事業との合算で黒字は18空港に

発表されたEBITDA(利払前税引前償却前営業利益)試算によると、乗降客数がゼロだった八尾空港を除いた26空港のうち、航空系事業で黒字になったのは5空港で、前年よりも3空港減少。

航空系事業で黒字となった空港のうち、最大のEBITDAとなったのは羽田空港の435.16億円、次いで新千歳空港の約51.17億円、小松空港の約2.6億円と続いた。トップ3のうち、羽田空港は前年と比較して約60億円増となった一方、新千歳空港と小松空港は前年を下回る結果となった。

非航空系事業ではすべての空港で黒字。航空系事業と非航空系事業を合わせた試算では、黒字が18空港(前年同様)。非航空系事業でもトップは羽田空港で455.52億円。次いで新千歳の93.58億円、福岡の65.09億円、那覇の55.33億円となった。

情報源: 全国27空港の収支試算、航空事業で黒字は5空港に減少、トップ3空港で明暗も -国交省(トラベルボイス) – Yahoo!ニュース

運営者よりひとこと

ここにもLCCの影響が出ていますね。
インバウンドをさらに増やすには、日本のインフラをもっと整備する必要がありますね。空港によっては外国人の入国にかなり時間がかかっています。
ホテルの数、街中での無料WI-FI、看板等の外国語表記などまだまだ改善するところがありすぎますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)