シンガポール航空のA350、羽田就航 定期便で初飛来

シンガポール航空(SIA/SQ)は12月13日、エアバスA350-900型機をシンガポール-羽田線 – Yahoo!ニュース(Aviation Wire)

シンガポール航空(SIA/SQ)は12月13日、エアバスA350-900型機をシンガポール-羽田線に就航させた。羽田へA350による定期便が就航するのは初めて。

 同路線のシンガポール午前8時5分発の羽田行きSQ632便と、羽田午後4時40分発のシンガポール行きSQ633便が対象。当初は火曜と水曜、金曜、土曜、日曜の週5往復に投入し、2017年1月2日からは毎日A350による運航を予定している。

 座席数は3クラス253席で、ビジネスクラス42席、プレミアムエコノミークラス24席、エコノミークラス187席。ビジネスは1列1-2-1席配列のフルフラットシート、プレミアムエコノミーは2-4-2席配列、エコノミーは3-3-3席配列となった。

 羽田行き初便のSQ632便(登録番号9V-SMH)は、シンガポールを午前8時3分に出発し、羽田の109番スポットには午後3時32分に到着。着陸時はA滑走路(RWY34L)を使用した。羽田発初便となったSQ633便は午後4時41分に出発し、D滑走路(RWY05)から離陸してシンガポールへ向かった。

 シンガポール航空はA350-900を67機発注済みで、最大のカスタマー。初号機(登録番号9V-SMA)は、今年3月2日にエアバスから引き渡された。A350の納入は5社目で、アジアではベトナム航空(HVN/VN)に次ぎ2社目となった。また、エアバスにとって1万機目となったのは、シンガポール航空のA350-900(登録番号9V-SMF)だった。

 67機には、超長距離型「A350-900ULR」が7機含まれる。これらの機材は、シンガポール発着のニューヨーク線やロサンゼルス線など米国への直行便に就航する見通し。同社はA350により、シンガポールのハブ機能強化や新路線開設などを進めていく。

 シンガポール航空は、シンガポールから羽田線を毎日3往復、成田線を同2往復運航。成田からはロサンゼルス線も毎日運航している。いずれも、機材は10月で日本路線へのエアバスA380型機の定期便投入を終えたことから、ボーイング777型機を使用している。

 日本の航空会社では、日本航空(JAL/JL、9201)が777の後継機として、A350-900とA350-1000を合わせて最大56機導入。運航開始は2019年を予定しており、777を6年程度で置き換える。2014年11月19日には、エアバスが保有する飛行試験5号機(MSN5、登録番号F-WWYB)が、羽田空港に初めて飛来した。

 その後、2015年9月20日にベトナム航空が、初の日本へのA350による商業運航を実施。今年10月30日からは関西空港へ初めて就航した。
情報源: シンガポール航空のA350、羽田就航 定期便で初飛来 (Aviation Wire) – Yahoo!ニュース

運営者よりひとこと

SQはいつも最新機材を投入してますね!
サービスもさることながら、こういった事が人気航空会社の秘訣ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)